読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶん明日死ぬ

今年何度目の飛行機だろうか。手持ち無沙汰になりがちなので、またこうして雲の上で文字をしゃらしゃら打っている。


私の前の席が少し歳の行ったお父さんと1歳くらいの男の子で、椅子越しに私のことを覗いてきては目が合いにこ〜っとしてくれる。


子供は国の宝なんてしょうもないことを最初に言ったのは誰だ?ま、今なら照れも疑問も迷いも抱かず心に落ちてくるが。チョー可愛い。私みたいな大人にならないでくれ、というほど大した人生も歩んでなければ歪んでもないと思うのでそれなりに普通の人生を歩んでくれ、坊やよ。




私は絵を描くのが好きな子供だった。将来の夢は一貫して漫画家で、小学校高学年〜中学1年生頃に至っては大好きだった雑誌「マーガレット」に描いたものを送ったりもしていた。


その頃同じように雑誌へ投稿していた愛里ちゃんというクラスメイトがいて、あの雑誌の今月号がどうだ、あの作者がこうだ、といった話を彼女とするのがとにかく私にとっての幸せの時間だった。


私はクラスの中心的存在で、彼女はどちらかというとおとなしいグループの子だったが、冷めてるというか個人主義というかフランス的な側面を持ち合わせていた私は思春期においての鉄格子とも取れるクラス内カーストを完全に無視し、彼女との友人関係を続けた。大人になった今もそれなりに仲が良く、年に一、二度突発的に深夜のドライブへ誘ったりする。



漫画家にはなれはなかったものの、それに近いような仕事をしているので私は恵まれているんだと思う。自分の好きな事で飯を食えるというのはこの上なくありがたいことで、リアルな程度二日に一度は仕事が楽しいと感じるし、つい先日好きなバンドから仕事の依頼が来た際は天にも昇る心地だった。



そんな中、珍しく彼女の方から連絡が来た。「東京に居るから、会って話したい」と。何事かと思いつつ、私にしては珍しく酒ではなく茶ミュニケーションを選択し、恵比寿にあるお気に入りのカフェを予約した。


「久しぶり〜」の声色と表情で何か嬉しいことがあったのを確信した。彼女は大学を出て地元で公務員として働いている、はずだった。


「実は、公務員辞めたんだ。それで、イラストレーターとして東京で働き始めたの!」



!!!



「めちゃくちゃ思い切った転職だし、親にも大反対されて、誰にも言ってなかったんだけど。ひと月勤めてやっていけそうだなと思ったから、一番初めに報告したかったんだ。」


心がぶわーっと膨張していくのが分かった。どうしよう。たまげた。この上なく嬉しい。


小学生の頃から同じ趣味を語り合った友達と、お互いに趣味の分野で働ける。私はこんなに幸せでいいのか。明日ウンコ踏んで滑って頭打って死ぬんじゃないのか。もしくはこの飛行機が落ちて死ぬ。


そこからは最近仕事で嬉しかったことや、先輩風吹かしてアドバイスなんかもしたりして、朝方の雀もたじろぐ勢いで仕事について語り合った。家に帰っても私たちの頬はきっと緩みっぱなしで、二倍にも三倍にも、自分の仕事に誇りを持った1日となる。次は酒を飲もうよ。

幸せのハードル

さり気ない優しさが好きだ。

最近、後になってあれはあの人なりの優しさだったのか、と理解することが立て続けにあった。
そのことを何度も何度も心の中で反芻しては、嬉しくてたまらない気持ちになる。


おばあちゃんが好きだ。

夜通しの麻雀で1万4千円負けた後、朝8時の中野駅で通勤ラッシュの時間が過ぎるのを、コーヒーを飲みながら待っていた。
眠気と格闘するタバコ臭い私に、朗らかな笑みを浮かべた可愛いおばあちゃんが話しかけてきた。「モーニングセットを頼みたいんだけど、AとBとC、あなたどちらが良いと思う?」と。「Aセットです。」と答えた私の眠気は吹っ飛び、その日1日を穏やかな気分で過ごすことができた。


街を歩いているだけで楽しい。
迷子猫の貼り紙を見て心配そうに母親に話す子供、待ち合わせスポットで恋人が見えて笑顔になる女性、面白い看板、イヤホンから流れる銀杏BOYZ、見たことのない花、綺麗に手入れされた民家の庭。


「あんたは幸せのハードルが低いよね」

そう友人に言われたことを思い出す。


昨日は夜は短かし歩けよ乙女という映画を見た。原作の世界観が出ていて良い映画だった。

古本は苦手でどちらかといえば新品を買いたい派だったが、古本も良いなあと思い直した矢先だった。

たった今池袋を歩いていると古本市が開催されていた。タイムリーな出会いに思わず笑顔になった自分に気が付き、友人に言われたことを思い出しさらに口角が上がった。

マジの一期一会

完全に染め時を逃した髪の毛をなんとかしようと、美容室を予約した。

腕が良くて話も面白い太田さん(美容師のお姉さん)が好きで、わざわざ二子玉川まで通っている。

茶髪というのは本当に面倒だな。今回は真っ黒に近いぐらいの色に染めてもらおう。そんなことを考えながら、道玄坂での用事を済ませ電車に乗ろうと渋谷の街を歩いていた。


「すいません。」

声をかけられた。平日のこんな時間こんな場所だと、大抵が度胸だけこしらえた中身の無いナンパ師か、美容師だ。

「時間あったら、髪染めていきませんか?」
どうやら今回は後者のようだ。


「ごめんなさい、この後美容室予約してるんです。」
これが嘘である時も本当である時もこう言っている。

しばらく歩くとまた声をかけられた。
「すいません。」

ほとんど顔も見ずに、2分前と全く同じ断り文句を告げた。



歩く。


「すいません、髪の毛を…」

……ちょっと待て。
確かに今私の頭はいわゆる"プリン"化しており分かり易い声かけ指標を放っているが、こんなに声をかけられるとは何事だ。頼むからそっとしておいてくれ。

イライラしながら顔を上げ、例のセリフを3割ほど口にしたところで驚いた。


(えっ、めっっっちゃタイプやんけ、このお兄さん…!)


慌てた。
特別イケメンではないものの、片方だけ二重のお目目がとても色っぽい。さらに遅れて脳内処理班が「声もタイプやぞ」と教えてくれる。


お兄さんはフレンドリーに続ける。
「美容室予約しちゃったんですか!カラーモデルなので無料なんですけど、だめですか?いつも行ってる美容室ですか?」

ですかですかですか、うん、そうだけど、最後の一文はどういう意図を含んでるんだ?

「いつも行ってる美容室です、もう今電車乗って向かおうかと」
素直に答えた。

「ああ、そっかー。引き止めてごめんね。行ってらっしゃいませ!」


え、あれ、案外あっさりと解放された…。



そこから私の頭が黒くなるまでのほとんどの間、お兄さんのこと、というか「タイプの男性に接触する機会を偶然得たこと」についてぼーっと考えていた。太田姉さんと楽しく会話して笑った気もするが、霊媒師というワードが出てきたこと以外あまり覚えていない。



ああ、そっか、いつも行ってる美容室は信頼関係が出来上がってるしドタキャン出来ないよなあ、当たり前だろうし営業トークなのだろうけど、気を使ってくれたんだな。


去り際の笑顔、素敵だったな。


名刺だけでも、貰っておけば良かったな。



二子玉川で高いのに不味いミネストローネをすすりながら、あのお兄さんには二度と会えないという哀しみと、「次は自分でアクションを起こす」という決意を込めてお送りしました。

田舎コンプレックス

真面目で小難しいことを書く。
 
 
 
私の好きな歌手は大物になってもなお「自分が成長できる世界に生きたい」と歌った。本当にその通りだし、彼が終始腕立て伏せをするだけのミュージックビデオには説得力があった。
 
 
私は2年前、独立と同時に「こんなとこじゃ食ってけねー!」と鼻息荒く地元沖縄を出て東京へと引っ越した。そして上京2日目で花粉症を発症、スピード感に若干引きながらも1年目はどうにかこうにかやり過ごした。
 
今年は計画を練りに練って、花粉の期間フルリモートで仕事が出来るようにし、沖縄にて花粉疎開を実践したのである。
 
で、東京へ戻ってきた。今日。2ヶ月ぶり。
今回は色々と思うことがあったので書き記しておく。
 
 
 
私にはずっと田舎コンプレックスがあった。特に仕事において。
 
沖縄で働くとはどういうことなのか。
 
ことIT事情でいうと、企業はほとんど二次以下の下請け、もしくは県外大手の支店(しかし実際の業務はカスタマーサポート、つまりコールセンター)だ。特に後者は、賃金や地代が安いという理由でどんどん進出してきている。これはもう本当に悲しいし切ない。
もちろん優秀な人も居るが、私の知る限りではそんな人ほど県外へ出て行く。
自主的に何かをすることに無頓着な県民性なので、なかなかリーダーが誕生せず、負のサイクルは変わらない一方だ。
 
私はそういった側面に嫌気が差し、東京で働くことを選んだ。
 
実際に東京で働いてみると、驚くことばかりだった。情報の早さ、クリエイティブ思考な人々、企業のアクティブさ。
ベタに、「世界は広い」と感じた。
目まぐるしく過ぎる毎日が楽しくて仕方がない。自分が成長出来ている実感が日々得られる。ずっとここに居るべきなのでは…と思い始めていた。
 
 
沖縄は相変わらずだった。のんびり、ゆっくり。
 
そんな中、冒頭の曲を久しぶりに耳にした。「自分が成長できる世界に生きたい」。うんうん。
 
…あれ、ちょっと待てよ。
結局これって、私が今「自分が成長できる世界に生きている」と感じてるってことは、成長させて貰える環境に甘んじている、つまりは現状維持でしかないのでは…?
 
 
心が揺さぶられる音がした。
 
本当の意味での「自分が成長できる世界に生きる」とは、そういうことだったのか。
 
 
それからすぐに、初めてちゃんとした人生設計を考えた。
 
私の人生をかけて、逃げずに、向き合ってみようと思う。

ほしい物リストってめっちゃエロくないか?

だいぶ寝かせていたこの記事をついに投下する。

Amazonほしい物リストをご存知だろうか。誕生日や引っ越し等のお祝い事の際、自らの欲しいものをリスト化し公開していくスタイルのあれ。

私はITと言われる仕事をしていて、そういった事に積極的な人々に囲まれているため、ほしい物リストはとても身近な存在だ。頻繁に見かけるし、ある程度親しければすぐにポチって送るし、私自身も公開したことがある。


そんなお手軽最強ほしい物リストだが、あれ、めっちゃエロくないか?

細々とした生活用品が多めの人、仕事関係の物が中心の人、高価な物ばかりの人、少年・少女心丸出しの人。
個性が出る。性格も、生活も出る。それってめっちゃくちゃエロくないか?
特に異性においてだが、「いいい今私君の脳内覗いてるけどいいのー!?いいのー!?!?」といった感情になる。まるで相手の生活に溶け込んだ気分だ。



〜私がエロさを感じた物リスト〜

・スパゲティの麺(28歳 男性)
これはもうめちゃめちゃにエロくてやばい。食事は家で取るけど、基本米とご飯のお供系のやつ、茹でたスパゲティとレトルトのソース和えたやつばっか食べる生活を送ってるに違いない。食事を作ってさしあげたい。

・シェーバー(29歳 男性)
特にエロいのが9,000円くらいのシェーバー。シェーバー派ということが分かるだけでもエロいのに、今使っているものよりランクを少し上げたいと思っているであろう価格がたまらない。これは危険なことに少し気のある相手だったらポチってしまう。何故なら付き合ってもいない私があげたものを日常的に手に取り使うだなんて卑猥でしかないから。

・ゲームソフト(26歳 男性)
好きなゲームの傾向が分かる。部屋着でゲームしてる姿を想像する。他の物より「もらったー!やばい嬉しい。。」といった文章付きでSNSに写真を載せてくれる率が高い。

・PC関連のアダプター(32歳 男性)
すっごいドSそう。これはもうエロすぎて鼻血出るよあたしゃ。他のケーブル類よりアダプターが一番エロい。破廉恥。

・大型家電(31歳 男性)
なんかもう逆にポチって驚かせたくなる。高価だし絶対買う人いないでしょ、って油断してるところからの慌てふためく顔を頬杖ついてニコニコ眺めていたい。


便利すぎるよAmazon。たまらなすぎるよAmazon。ていうかそもそもほしい物リストって名前がセクシーなんだよな。

みんな、もっとガンガン公開していこう、ほしい物リスト


私からは以上だ。

米騒動

仕事で酒の工場に行った。

あのミチミチする帽子を装着し、工場内に一歩足を踏み入れると、ぶわっと米の匂いに包まれた。優しくて、暖かい、そしてとてつもなく巨大で、おかしくなりそうな程に良い芳りだった。たぶん、羊水の中に浮かぶ赤ん坊ってこんな感じなんじゃないかな。それ程えらく心地が良かった。


我輩はダイエット中である。
この樽のような身体を少しでも改善すべく、何となく耳に入って来た情報で何となく糖質を避けている。炭水化物、特に米は、最近ではほとんど食べていない。


工場の見学を終え、家に帰ってすぐに米を炊いた。そしてめちゃめちゃに食べた。それはもう、これまでの努力がおチャラになるほどに。
米と好物の明太子をツマミに、お土産で頂いた酒がどんどん空いた。



抗えない。
米の圧倒的権力の前では何一つ抗えない。無抵抗な人間になる。素っ裸だ。為すすべがない。


酔いの回っていく頭でひたすら唱えた。
米、法律で禁止してくれ。

尿意100%

もう、ごめんなさい。ほんと申し訳ない。下品な話ばっかりで。お察しの通り尿について書くよ。




ここ数年トイレが近い。
トイレが近いという言葉はトイレへ行く頻度が高いこと、いわゆる頻尿を表すが、それは少し違うと思う。だって私の症状の方が確実に"トイレが近い"にピッタリだから。


みなさんが、「あ、トイレしたい」と感じるのは、尿意何%くらいの段階だろうか。


私は、100%なのだ。


どういう事かというと、つまりは「あ、トイレしたい」と思った瞬間が決壊の瞬間なのだ。
厳密にいうとトイレへ駆け込む数秒がある訳だから99%くらいなのかもしれないが、あの「ギュンッ!!!」って感覚はやっぱり100%で、大人としての意地とか尊厳を持ち合わせることにより決壊というボーダーラインを守り抜いているんだと思う。


ちなみに今、隣に居る弟に質問してみたら「82%」という明確な答えを頂いた。
健康な成人男子といった数字だな。50分くらいは我慢できそうだ。




そんな訳で尿意100%っ娘なので、様々な弊害が出てくる。


家ならまだしも、外でこれが発動するとヤバい。なので外出先ではトイレを見かける度に寄り、そもそも"尿意を感じる"という状態になるのを防ぐ。

仕事柄出張や帰省を頻繁にするので、年間20回は飛行機に乗る。飛行機では、毎回毎回毎回事前に席を指定するのだが、漏れ無く漏れ無く漏れ無く通路側を選ぶ。尿だけに。


問題は、映画館だ。
映画館のあの雰囲気はとても好きなのだが、下手に真ん中の席なんか選んだ日にはこの世の終わりだ。しかし1,800円も払ってナナメのカクドから映画を観るのも腑に落ちない。よって、必然と映画館へはあまり行かなくなった。


悲しい。悲しすぎる。


「尿意 急」「尿意 100%」「尿 漏れそう」などでググり倒すと、どうやら過活動膀胱という病気かもしれないことが判明した。めっちゃいいなあ、病名。過活動な膀胱。活動が過ぎる膀胱。言い得て妙だしわんぱく感もあってよい。好きだ。

よーし、週明け病院行くぞ〜。