読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筆止まりとメリクリ

ぱたり、と書きたいことがなくなった。



というか、良くも悪くも仕事が忙しすぎた。私は在宅ワーカーなので、仕事が忙しい=ほとんど家から出なくなってしまう。つまりはネタがなかったのだ。





今日は、地獄のクリスマス連休を迎え撃つべく恋人のいない友人2名と待ち合わせをしている。

これから安いチェーン居酒屋で飲み倒した後、友人宅でソウを全シリーズ観ることになっている。2016年度Fuckin' worst Christmasで賞は私が頂くぜ。





30分ほど早めに着いたので、スターバックスで新作の甘ったるいドリンクを飲みながらこれを書いている。

どうせだから人間観察でもしよう。




まず目に飛び込むのが、左斜め前の長くて真っ直ぐな髪が綺麗なお姉さんだ。白いニットがとても似合う。お姉さんは正しい姿勢で何かを一生懸命書いている。目を凝らす。あ、年賀状だ。やってる事まで美しいなあ、爪も綺麗だなあ、お姉さんはさぞ素敵な男性とクリスマスを過ごすのだろうな。



向かいの大学生らしき女は、ずっとニヤニヤしながらスマホを眺めている。参考書とノートを開いてはいるものの、少なくとも私が席に着いて15分はスマホをいじっているのみだ。ニヤニヤしているその顔はとても可愛いとは言えないし、ミッキーマウスの筆箱はそろそろやめたほうが良いと思うぞ。君はきっと女子会するんだろうな、クリスマス。



右斜め前にいる30代中盤であろう女性は、恐らくライターだ。ワードプレスらしき画面にひたすら文字をしこしこ入れている。持ち物もシンプルにスマホと名刺入れのみ、きっと仕事ができるのではないか。金曜の夜までお仕事お疲れ様、あなたがキュレーションメディア騒動の余波を受けていないことを願うよ。早く原稿上げて自宅へ帰れるといいね。メリークリスマス。





待ち合わせ時間になった。
さ、焼き鳥ビールを始めよう。


メリークリスマス!