読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マジの一期一会

完全に染め時を逃した髪の毛をなんとかしようと、美容室を予約した。

腕が良くて話も面白い太田さん(美容師のお姉さん)が好きで、わざわざ二子玉川まで通っている。

茶髪というのは本当に面倒だな。今回は真っ黒に近いぐらいの色に染めてもらおう。そんなことを考えながら、道玄坂での用事を済ませ電車に乗ろうと渋谷の街を歩いていた。


「すいません。」

声をかけられた。平日のこんな時間こんな場所だと、大抵が度胸だけこしらえた中身の無いナンパ師か、美容師だ。

「時間あったら、髪染めていきませんか?」
どうやら今回は後者のようだ。


「ごめんなさい、この後美容室予約してるんです。」
これが嘘である時も本当である時もこう言っている。

しばらく歩くとまた声をかけられた。
「すいません。」

ほとんど顔も見ずに、2分前と全く同じ断り文句を告げた。



歩く。


「すいません、髪の毛を…」

……ちょっと待て。
確かに今私の頭はいわゆる"プリン"化しており分かり易い声かけ指標を放っているが、こんなに声をかけられるとは何事だ。頼むからそっとしておいてくれ。

イライラしながら顔を上げ、例のセリフを3割ほど口にしたところで驚いた。


(えっ、めっっっちゃタイプやんけ、このお兄さん…!)


慌てた。
特別イケメンではないものの、片方だけ二重のお目目がとても色っぽい。さらに遅れて脳内処理班が「声もタイプやぞ」と教えてくれる。


お兄さんはフレンドリーに続ける。
「美容室予約しちゃったんですか!カラーモデルなので無料なんですけど、だめですか?いつも行ってる美容室ですか?」

ですかですかですか、うん、そうだけど、最後の一文はどういう意図を含んでるんだ?

「いつも行ってる美容室です、もう今電車乗って向かおうかと」
素直に答えた。

「ああ、そっかー。引き止めてごめんね。行ってらっしゃいませ!」


え、あれ、案外あっさりと解放された…。



そこから私の頭が黒くなるまでのほとんどの間、お兄さんのこと、というか「タイプの男性に接触する機会を偶然得たこと」についてぼーっと考えていた。太田姉さんと楽しく会話して笑った気もするが、霊媒師というワードが出てきたこと以外あまり覚えていない。



ああ、そっか、いつも行ってる美容室は信頼関係が出来上がってるしドタキャン出来ないよなあ、当たり前だろうし営業トークなのだろうけど、気を使ってくれたんだな。


去り際の笑顔、素敵だったな。


名刺だけでも、貰っておけば良かったな。



二子玉川で高いのに不味いミネストローネをすすりながら、あのお兄さんには二度と会えないという哀しみと、「次は自分でアクションを起こす」という決意を込めてお送りしました。