読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銭湯にて

銭湯に来ている。
軽飲食のできるタイプの銭湯なので、左手にはビール、右手にはスマホ、体からは湯気でこのブログを書いている。

体から湯気で思い出したのだが、世界仰天ニュースで太った女の子が体育の授業の後、男子に「お前頭から湯気出てるぞ」と指摘を受けてダイエットを決意したという話があったな。どうでもいいけど。今日見た「銭湯のマークが変わる変わらないでモメてる」ってニュースぐらいどうでもいいけど。




ビールが残り三分の一になった。


私の住んでいる街には銭湯がたくさんある。一応地図で確認してみたところ、徒歩15分圏内で6つもあった。すごいなおい。コンビニと同じくらいあるよ。

この街に住んで本当に良かったな。




日中は引っ越し先を決めるべく不動産屋に足を運んでいた。
メガネをかけたやる気のない兄ちゃんに物件をいくつかピックアップしてもらったのだが、だいたい似たような、当たり障りのない部屋が並んでいた。欠伸をこらえながら、顔と似たような仕事ぶりだな、と心の中でツッコミを入れた。

よし、こうなったら銭湯から一番近い物件にしよう。今決めた。




ビールは残りひと口だ。
特にテーマを決めず指を走らせたので、特にオチもなく終わりそうだ。



そろそろ帰ろう。帰れば逃げ恥が待っている。
途中でオリジン弁当に寄ろう。今日はカツ丼が食べたい。
コンビニにも寄ろう。ビールを買わなきゃ。


ああ、今日もいい日だったな。