読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タラレバ娘最終回と友人の結婚

驚いた。この2つのイベント、同日に起きるか?普通。偶然ではあるものの、出来過ぎた皮肉に卒倒しかけたわ。






ドラマ「東京タラレバ娘」最終回について



ドラマとしてどうこうという話は置いておいて、最後15分あたりに出てくる言葉一つ一つに色々考えさせられたので書きたいと思う。

「30歳までに結婚することが幸せだと思っていて、それに向かって『女の幸せ掴む』とか『幸せになりたい』ってばっかり言ってた。」

「恋人ができて幸せ、結婚したから幸せ、仕事が成功したら幸せ、お金持ちになったから幸せなんて決まってない。何が幸せかは他の人には決められないし、私の幸せは私にしか決められない。幸せになるもならないも自己責任だからやりたいことをやればいい。」

正直ハッとさせられた。
結婚したら幸せになれる、というのはそもそも他人に依存した幸せだ。


私にも結婚願望はあるが、そもそもなぜ結婚したいのか?というのを考えてみた。

理由1:子供が欲しい

ふむ。例えば結婚しなくても養子だとか、シングルマザーだとか、手段はいくらでもある。でも、きちんと血の繋がった父親が側にいる方が"子にとっての幸せ"になる確率は高いのであろう。そして、基本的に子供を作るという行為は結婚を踏まえた先にあるべきもの(私はそう思う)だから、この理由はまあ分かる。

理由2:将来一人で死にたくない

これは色んなことが多様化したこの世の中だと結婚以外の手段もあるよね〜。ボツ。

理由3:やっぱり世間の目が気になる

タラレバ娘たちが言っていたことといきなり相反するが、小さな人間なのでやはり世間体というのはどうしても気になってしまう。でも、例えば自分が30を目前にしいよいよ焦った時に、納得のいかない結婚をしてまで世間体を気にするかと言われるとそんなことはないだろう。それなら自己責任で30をまたぐ。よってボツ。


はい。明確になりました私の結婚したい理由。
「幸せになりたい、幸せにしてほしいから結婚したい」のではなく、「子供が欲しい、子を生み育てるという経験を人生の一部に充てたい、今のところそれがきっと私の幸せだから結婚したい」のだ。少し冷たいかもしれないが、これが私の結婚したい理由だ。

きちんとした理由を持ったのでこの先自信を持って「結婚がしたい」というのを口から放てるな。ありがとう東京タラレバ娘








友人の結婚について



の、晩。0時に差し掛かるか否かといったタイミングで、「そろそろ飲み行きやしょーよ」とLINEを入れておいた親しい友人(28歳)から返信が来た。

「飲み行こー!いついくー?てかさっきプロポーズされたよ!」

きょえええええええ!?ププププロポーズ!!!!よりによってタラレバ娘最終回見終えた直後に!結婚について長考していたタイミングに!は!え!結婚!!!


彼女とお酒を飲むと、私達は決まって「結婚したい」とバカの一つ覚えのように繰り返し言っていた。

その彼女が、結婚。現実味がない。思えば親しい友人が結婚するのはこれが初めてだ。人妻になるのか。これから頻繁には一緒に飲みに行けなくなるのか。彼女、子供好きだから、きっとすぐママになるんだろうな、そしたらますます違う世界の住人になってしまうな。


ああ。友人が結婚するって、こんな感じなんだ。おめでたい気持ちとか羨ましい気持ちより先に、寂しい気持ちが来ちゃったよ。ごめんね。ジコチューでごめんね。



やっぱり、結婚したいなあ。